歴史巡りがブーム

趣味友を探そう」でも書かれていますが、趣味友のSNSが多く作られている中で、実を言うとソーシャルネットワークサービスにはそぐわない雰囲気のSNSも存在しています。

それは、「歴史巡りの趣味友」。
そのままですが、ソーシャルネットワークサービスと言うのは、多くの人で意見の交流が可能なサイトです。
なので、このようなものの方がむしろ向いているように感じるかも知れませんが、趣味友と言うのは趣味の王様のような盆栽と言った、中高年に好かれるような趣味のSNSが多かったのです。
ですが、大河ドラマの影響もあり近代の日本にしては珍しく、実際の日本の歴史に触れたい若者が急増中で、このようなソーシャルネットワークサービスの仕方が生まれました。

ちなみに、ソーシャルネットワークサービスにおいての講師のような存在はお年寄りです。
お年寄りってSNSを使っているの?と思われるかも知れませんが、最近では60過ぎの男女が友人作りにソーシャルネットワークサービスを使っているほどで、むしろ、若い世代と同じような比率で利用がされているのがSNSなのです。
特に60過ぎと言うのは、「もう少しで退職の世代」ですので、新しい人生にちなんだSNSと言うのは大切な存在なのです。

その為か、こう言ったSNSでは教師のような人でさえも利用をしていたりします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ